So-net無料ブログ作成

加瀬邦彦自殺!体調が悪かった?病気・がんとの噂も!原因は? [芸能人]

スポンサーリンク





kase-kunihiko-2015-04-22.JPG
グループサウンズの雄、
加瀬邦彦が、自宅で自殺したことがニュースになっていたので、
これまでの彼の作品を振り返りつつ、
彼の自殺にまつわる噂をまとめました。














スポンサーリンク









加瀬邦彦についてまとめました




名前 加瀬邦彦
生年月日 1941年3月6日
出身地 東京府
活動期間 1961年-2015年
出演作品 想い出の渚


加瀬邦彦は、1960~1980年代を代表する、Jポップの基礎を築いた人物で、
思い出の渚などで知られる、
グループサウンド(ギターなどの電気楽器を中心に
数人で演奏・歌唱を行う形式の音楽)のバンド
「ザ・ワイルドワンズ」のリーダーを務めていました。

沢田研二に提供した楽曲「TOKIO」でも有名です。

参考;


人物としては、慶応大学卒業で、
先輩の加山雄三とも親交がありました。
ギターを教えてもらっていたり、
バンド名「ザ・ワイルドワンズ」の名付け親でもあるそうです。


過去には、食道がんで、胃と食道の3分の2を切除する苦しい大手術を乗り越え
ファンに元気な姿を見せる気丈な人物でしたが、
2014年、咽頭がんで声帯を除去し、声を失ってしまいました。

今回の原因の一つは、そんな、音楽と離れてしまったことも有るのかもしれません。

やはり歌を歌う人間として、声を失うことは、
心の支えを失う辛いことなのでしょう。
声帯除去は、親友の加山雄三とも相談してのことだったそうです。

最近では、音楽プロデューサーのつんくも同じく咽頭がんで声帯除去をしています。
現在では、食道発声法という方法の訓練を積むことで、
声帯を失っても声を発することができるようですが、
歌声は失ってしまうわけで、
つんくにも頑張って欲しいですね。

参考記事:つんくががんで声帯摘出、いつから?ハロプロ・モー娘に影響は? 


発見は、家族で、自宅の洗面所で亡くなっている姿で見つかったそうです。

ご冥福をお祈りします。









エンターテインメント ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。